登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > タービンの機能と用途について

タービンの機能と用途について

歯医者さんには沢山いろいろな機械があります。今度はその機械をしょうかいします。歯科タービン(エアタービン)とは、などを削る回転切削器具の一つです。(キィ~ンと歯を削るやつですね)回転切削器具には他にもエンジンというものがありますが、エンジンの回転数が最大10000回/分程度であるのに対し、エアタービンは30~40万/分もの回転数があります。そのため、エンジンよりもはるかに切削能力が高く、振動も少ないのが特徴です。エアタービンは非常に切削能力が高く、効率的に歯を削ることが出来ますが、もし手が滑ってしまうと簡単に歯を削りすぎてしまうので注意が必要です。

 

大きく分ければまずはエアータービンとマイクロモーター(エンジン)に2別されます。風で動かすエアータービンは風車みたいなものだと思いましょう。エアータービンの利点は高速回転出来る事です。欠点は力がないので押し当てれば止まってしまう事。マイクロモーター(エンジン)はエアータービンの逆。回転数は上がらないけど力があるので押し当ててもどんどん削れます。


そしてマイクロモーター(エンジン)を利用したものには良く使われる高速ハンドピースに3タイプあります。ストレートコントラアングル倍速コントラ。ストレートは真っすぐなモノで、技工の時に使います。義歯を削ったり磨いたり、銀歯の調整したり…真っすぐなので患者さんの口腔内に入れるのには適さないですね。口腔外で使うものと思って下さい。


コントラアングルと呼ばれているものはストレートと同じ速度なのでゆっくりですが患者さんの口腔内で使えるように角度が付いてるだけです。普通のコントラアングルは柔らかくなった虫歯や銀歯の研磨、もっと遅くして歯面を研磨するような用途に使われます。


倍速コントラはそのコントラアングルのスピードが早くなって、歯をどんどん削れるようになったものですね。エアータービンと同じような用途で使われます。速度はエアータービンほどではないですが「キーーン」って音がないので患者さんに余計な緊張感を与えないし重宝します。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp