登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 味覚障害による口臭

味覚障害による口臭

味覚障害が口臭の原因になっている場合があるのをご存知ですか。味覚障害というのは「何を食べても味がしない」「美味しいと感じない」などが一般的な症状で、味覚減退や味覚消失、異味症、悪味症などの種類があります。味覚障害の人が最近は増えてきているそうですが、口臭とどのような関係があるのでしょうか?

 

私達が味を感じるのは舌の表面や上アゴの奥にある味蕾というセンサーですが、味蕾で感知した味の成分が味細胞から味覚神経を経由して脳に伝わり、美味しい、薄い、辛い、甘いなどを認識します。超音波クリーナー は必要です。 

 

この脳までの経路に異常があると味覚障害になってしまうわけです。味蕾が異常を起こす原因には神経系の疾患や薬の副作用なども考えられますが、一番多いのが偏食によるものです。代謝性疾患とは、糖尿病や肝性昏睡、尿毒症などの代謝性の疾患がある病気のことを言います。(歯科ハンドピース代謝性疾患の病気は、代謝の異常によって、それぞれいろいろな臭いを発生します。糖尿病では、アセトン臭、ケトン集がします。代謝の異常でアセトンが増加して、しまうために起こります。

 

アセトン臭は甘酸っぱい、りんごが腐ったような臭いがすることが特徴です。また、肝性昏睡では、ねずみ臭。尿毒症では、アンモニア臭が発生します。このように代謝性疾患は病状によって、さまざまな臭いが発生する病気です。ですから、異常によって口臭が発生するのは、しょうがないでしょう。

 

味覚を感じる「味蕾」は口にあり、その半分以上は舌の表面の舌乳頭にあるという。美味しい、まずいなどの味覚は、「味蕾」が刺激を受けるとことで、それが大脳の味覚中枢に伝わり、嗅覚、視覚、聴覚、過去の経験の記憶と一緒になって感じるようになる。しかし、舌苔があることで、この流れが阻害され味を感じにくくなり、それだけでなく口臭の原因にもなる。舌苔は、食べ物の残りかすや舌の細胞がはがれて、口中の細菌と混ざり、舌の表面に付着してできる。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp