登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯の明るさを上げて白くする方法

歯の明るさを上げて白くする方法

最近、歯に関する質問で最も多いものの一つが歯を白くする方法です。歯を白くするには、歯の表面の着色を落として白くする方法(クリーニング)、歯の明るさを上げて白くする方法(ホワイトニング)、歯を白い色でマスキングする方法(マニキュア、セラミック)等があります。歯のホワイトニングを紹介しましょう。

 

歯のホワイトニングは、自分の歯を削ることなく歯の表面を漂白するように白くして、歯の色を白くすることです。歯科ホワイトニングが一般的になる以前は、歯の色を白くするために、歯を削りセラミックの歯を被せたりしていましたが、最近では歯を削ること無く、白くすることができるようになりました。ホワイトニング直後が最も白くなり、徐々に戻っていきますが、完全にもと歯の色に戻るまで、数年程度効果が持続しているケースが多く見られます。

 

ホワイトニングは歯の明度(明るさ)を上げて白くする方法ですので、自然な感じで白くすることができます。ただし歯の色が極端に濃い場合や、抗生物質で変色した場合など、ホワイトニングで白くならない場合があります。ホワイトニングは大きく分けて審美歯科やホワイトニングサロンで受けることができるオフィスホワイトニングと、歯科医院などでマウスピースを作って自宅で自分で行うホームホワイトニングがあります。

 

ホームホワイトニングは適応範囲が広く安定した効果が期待でき、オールマイティーな感じがします。ホワイトニング前の歯の色や歯の質に、左右されにくく、オフィスホワイトニングで効果を感じられなかった場合でも、こちらに切り替えることで、さらに白くなることもあります。ただし時間や期間がかかります。また、ホワイトニング前の歯の色や質がごく普通であれば、十分効果が発揮されます。さらに効果の出やすい歯の色や質であれば、短時間で劇的な効果が期待できます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp