登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯石の役割って何

歯石の役割って何

歯石は、老化で衰えて歯グキの下がった歯に大量に付着する。だから歯石が歯グキの衰えの原因だと考えて、歯石除去が必要、という理論をこねくりだしたけれども、事実は逆。大間違い。

 

歯石の役割は、歯をしっかり支えることなのだ。衰えた歯グキの代わりに、硬いものを噛んでも動かないように、歯の根元をコンクリートのように固める。そして、歯が抜け落ちるのを防ぐ「身体の防御反応」、これが歯石。(歯科材料歯医者では「歯石をとれ、虫歯の元だ」と言うが、とんでもない話。むしろ老人の歯が抜けるのを促進しているだけ。

 

 

歯垢は、細菌がぎっしりパックされたようなもので、細菌と、細菌がつくった物質からできています。歯垢1mg中に約10億個の細菌がいるといわれており、楊枝(ようじ)の先に歯垢を取ると、その中にはおそらく何百億もの細菌がついていることになります。

 

歯垢にはいろいろの種類の細菌が含まれていますが、ストレプトコッカス・ミュータンスという菌がむし歯の原因となります。ポルフィロモナス・ジンジバリスという菌は、成人性歯周炎の原因といわれています。

 

歯垢は、臨床的には歯肉縁上歯垢(しにくえんじょうしこう)と歯肉縁下歯垢(しにくえんかしこう)に分けられます。歯肉の先端よりも歯冠側にあり、外から見えるのが歯肉縁上歯垢です。これは、染め出し液で赤く染め出されます。歯肉縁下歯垢は、歯肉の先端より歯根側、つまり歯周ポケットの中にあって、外からは見えないものです。歯肉縁上歯垢と歯肉縁下歯垢では、そこにすんでいる細菌の種類がちがいます。歯肉縁上では細菌が塊(かたまり)となって集まっており、レンサ球菌(きゅうきん)、放線菌、グラム陽性桿菌(ようせいかんきん)が多くみられます。 

 

歯垢(プラーク)はセルフケア(歯みがき、歯間ブラシでのケア)で除去することが可能です。ところが、これを除去しないでおくと、2日から2週間ぐらいで歯石になるといわれています。歯石は表面がざらざらとして歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯垢(プラーク)を増やしてしまいます。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

また、歯石に付着した歯垢(プラーク)は歯石の細かい隙間に入り込んでしまうため、歯みがきでは落としにくくなります。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp