登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯根嚢胞は根尖病変の一種

歯根嚢胞は根尖病変の一種

歯根嚢胞とは、歯根の先端部位に生じる袋状の病変のことをいいます。顎骨が吸収して嚢胞が大きくなるため、歯科レントゲンでは黒く映ります一般に歯の周囲はあごの骨で覆われています。その歯の根の先端部分の骨に膿の袋のような空間ができ、内部に膿を蓄えながら時間とともに少しずつ大きくなっていく病気があります。これを「歯根嚢胞(しこんのうほう)」と呼びます。 これは、細菌感染や、物理的、科学的などの刺激が加わったことによって、歯の中にある神経や血管(歯髄)が壊死した歯(失活歯)や、過去に歯髄を除去した歯(根管治療を受けた無髄歯)に起こります。 

 

虫歯が進行して歯の神経を侵し,根の先端部分(根尖部)にまで虫歯菌が達すると、根の外にまで病変が拡大していきます。また、根の周囲には顎骨および骨と歯をつなぐ靭帯(歯根膜)がありますが、虫歯菌感染により炎症が広がるとこれらの組織が破壊された結果溶けてなくなり、根尖病変が生じます。根尖病変は、右写真のように根の先の黒い影としてエックス線写真ではっきりとわかります。歯根嚢胞は根尖病変の一種です。 

 

治療方法は、まず根管治療で感染した歯の内部を清掃し、無菌的な状態にします。膿の袋までの通り道を歯の内部に確保する一般には、被せものや詰め物などを全て外して、歯の内部の歯の内部の神経があるための空間をたどり、根の先端部分にある膿の袋に繋がる穴をあけます。骨に閉じ込められていた膿が歯の中から出てきます。また、歯の内部は汚れている場合がほとんどで、細菌が繁殖した空間が残っています。これらを専用の歯科用品(針金のようなもの)でヤスリがけのようなイメージで削り落としていきます。

 

根管治療のみで治癒することもありますが、上皮が形成された歯根嚢胞は根管治療だけでは治らないことも多く、この場合は歯根端切除術といって歯根の先端付近の歯肉を切開して開き、そこから嚢胞の摘出と感染した根尖部の切除をする手術が必要です。歯根嚢胞が大きい場合、いつも歯が残せるとは限りません。歯の動揺が著しい場合は抜歯せざるを得ない場合もあります。術後数カ月~1年程度経過をみてレントゲンを撮影し、骨が再生されていれば治癒したと判定できます 

 

歯根嚢胞は根の治療を行なえば必ず完治する訳ではありません。それでも小さなものは比較的完治しやすいといえます。ただし根の治療を行なったのに症状が改善しない場合には、大きさに関わらず、抜歯をしたり骨の一部を削り膿の袋を直接取り除く手術が必要なこともあります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp