登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 最新の根管治療について

最新の根管治療について

根管治療は、歯科用語で「歯内療法」、または「歯内治療」といいます。神経までむし歯が到達してしまった場合、神経の通る管(根管)の神経を取り除き、中をキレイにする治療のことです。むし歯が神経に到達してしまった場合は、神経をとる他ありません。神経をとってしまうと、歯の寿命は半分になると言われていますが、これは歯の質が弱くなるからではありません。よく、ミイラのようになると言われますが、健康な歯より水分が減るといったこともありません。しかし、神経を取った歯の生存率は極端にさがります。 

 

歯髄を除去した後に、根管内の清掃や洗浄、消毒などを行い、根管内の痛みや炎症などを抑える治療のことをいいます。根管治療後は、根管に薬剤を詰め、そこに被せ物を取り付けたり詰め物を入れることができ、再び歯の機能を取り戻すことができます。 

 

自分の歯の部分を残すことで、神経がなくなった歯を長く残せる可能性がとても高くなります。最新の根っこの治療(根管治療)とはどういったものなのか、歯を残すために行っていることは何なのか、このページでより詳しくご説明いたします。  これらに関することを、特に力を入れて講習会などで勉強され、技術を日々磨いている歯科医師の中には、歯内療法にマイクロスコープ(歯科治療用の顕微鏡)を用いて治療をされている歯科医師もいます。マイクロスコープは肉眼では確認できない細部の問題点を把握することができるため、より正確な診断と、より精度の高い治療を受けられることを期待できます。予後が悪く、セカンドオピニオンを検討されているかたは、マイクロスコープを用いて治療をおこなう歯科医師のもとへ受診してみるのも一つの方法でしょう。 

 

従来の根っこの治療は歯の中ということもあり、手探りでの治療でした。確認できるのは歯科レントゲンのみ。しかし、レントゲンだけでは奥に曲がっている根っこなどに気付くことができない場合もあります。そこにお薬がきちんと入らないと、治療が終わった後も痛みが出てしまったり、数年後に再治療することになりします。最近では、より最新の治療を求め、マイクロスコープや、ラバーダム歯科用CTなどでの治療をご希望されています。最新の根管治療は、「目で見て行う」ということ。手探りではなく、CTやマイクロスコープで直接「見て」、ラバーダムで感染を「防ぎ」、再発防止に努めています


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp