登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 我慢できない歯茎の腫れと痛みに有効な方法

我慢できない歯茎の腫れと痛みに有効な方法

歯茎の腫れの原因は色々あります。虫歯が悪化して、根元近くまで侵食されている場合は早急に歯科医の門をたたくべきでしょう。歯茎の腫れのより多くの場合は歯肉炎、歯槽膿漏、そして慢性根尖性歯根膜炎が原因である事が考えられます。(歯科機器)ほとんどが虫歯菌(主にミュータンス菌)が歯茎に住み着いて悪さをしているのです。

 

ひどくなると歯茎が膿を持ち、悪臭を放つようになったりします。普通、人の免疫力は虫歯菌に負けることは無くその活動を抑えているのですが、疲労や肩凝り、目の疲れ等から歯茎の腫れを起こしてしまいます。特に肩凝りは根本の神経が歯茎と同じところに繋がっているために肩凝りの痛み=歯茎の痛みと体が錯覚をしてしまい、歯茎の腫れに直接つながります。また、歯科医の治療により歯の噛み合わせ等に反故を生じた場合などにも歯茎の腫れが現れる場合が多いようです。いずれにせよ歯茎の腫れはとてもつらく、そのまま放置すると深刻な症状になる場合もとても多いので注意が必要です。 

 

歯槽膿漏を予防するには,減煙や禁煙をする,食事でしっかりと噛む,運動する,ストレスを発散する,そして,毎食後の歯磨きや歯茎のマッサージといったことが大事になります.

 

歯茎の腫れがひどくなって,歯茎から膿が出てきている,という状態になると,もうかなり歯槽膿漏が進んでいる状態なのでゆっくり歯茎をマッサージしながら歯磨きを心がけたいですね。また,歯茎の腫れや膿が,実はがんの症状だった,ということもあります.歯茎の腫れと膿ががんと関連があるなんて怖いですね。がんは体のいたるところにできるのですね。また歯茎に、痩せる・臭い・出来物・かゆい・水ぶくれ血豆・傷などの症状ができたときも注意しましょう。 プラークを放置したままにしておくと、細菌が毒素や活性酸素、結合組織を破壊する酵素などを放出し炎症(歯肉炎)を起こすのです。

 

歯ブラシでは絶対に原因となる細菌が取れないために、炎症がひどくなっていきます。やがて、血管が破裂して慢性的な出血が起こります。そのうちに歯茎は栄養が送られなくなり壊死(腐ってしまう事)し、そのうちに歯を支えている歯槽骨までもが、破壊されます。これが歯周炎・歯周病(歯槽膿漏)です。超音波クリーナー は必要です。

 

歯茎や歯肉は痛みがないために、末期まで殆ど自覚症状がありません。歯茎の出血、違和感、口臭が歯周炎・歯周病のシグナルとなります。 歯茎の腫れ・できものからの膿みをそのままにしておくと骨まで達してしまうそうです。そして段々と骨を溶かしていってしまうそうです。

 

そうなったらすぐに歯医者に行かなくてはいけません。歯茎の腫れ・できものからの膿みは、薬で治るようですから。膿がひどいときは切開して膿を出すそうですが。とても痛いそうです。

 

歯茎の腫れ・できものからの膿みを出したらきちんと消毒をしないといけません。後は抗生剤などの薬を飲んで治すだけです。膿からの菌が体の中に入ってしまうと大変なことになるんです。脊髄などに入ってしまっては本当に大変です命に関わることになります。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp