登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯軋りや食いしばりについて

歯軋りや食いしばりについて

歯周病の原因の1つに歯軋りであることをご存知でしょうか?歯周病は歯ではなく歯の周囲の組織(骨や歯茎)が炎症を起こすことです。ご存知のように重度になると「歯槽膿漏」と表現されに常に歯茎から膿が出る状態になり、強い口臭を発生させるほか、高い確率で歯を失います歯周病の原因には歯周病菌によるものが多いのですが、骨や歯茎に最もに負担をかけるのは歯軋りや食いしばりです 

 

歯軋りや食いばしりは、歯周病の症状を急速に悪化させる以外に、歯が折れたり、われたり、などの症状が起きます。根管治療歯を抜くほどの重度の歯周病の人は大体歯軋りや食いしばりをして、負担をかけています。朝起きると顎がだるかったり、歯に違和感や負担を感じることがあります。これは寝ている時に歯軋りによって、歯に過度の力が加わって、顎や歯に負担がかかるためです。大小少なかれ、誰でも歯軋りや食いしばりをします。しかし、それが長期化してしまうと歯や歯周組織に負担がかかり、歯周病を重症化させてしまいます。重度の歯周病のほとんどの場合は歯軋りや食いしばりによって、歯周組織に負担をかけています。


まじめに歯磨きをしているのに歯茎から出血したり、歯が動く、歯が抜けるは歯軋りやくいしばりが原因かもしれません。歯周病の治療をしても効果がない人は歯軋りか食いしばりの治療しなければ効果はないでしょう。 普段から歯磨きをしっかりとしているのに歯茎から出血があったり、歯が動いたり、抜けたりする場合は、歯軋りなどが原因かもしれません。歯周病の治療だけでなく歯軋りの治療もする必要があります。 

 

歯ぎしりの治療方法一般的に歯ぎしりの治療はあまり知られていません。治療には大きく分けると対症療法、噛みあわせ治療、矯正治療、薬物療法などがあります。 マウスピースやプレートなど歯科機器防止装置を使用し歯の磨耗、夜間の騒音を防ぎます。個人の歯型に合わせて製作する必要がありますが、割と安価で時間がかからず、周囲の苦情もなくなるのである程度満足できる治療方法といえます。 

 

噛みあわせ治療有効で基本的な治療です。磨り減った歯や不正なかみ合わせを元に戻すことで効果を得ることがあります。乱れていた噛みあわせを正しくさせながら時間をかけて治療すると概ね抑えることもできます。単に歯を削るだけでは治らないでしょう。もう一つは歯軋り矯正根本的に完治、改善させることを目的とした方法です。負担をかけない装置と噛みあわせ治療などを併用して症状抑えます。治療後は80%以上症状が改善されるなど極めて高い効果を発揮します。   


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp