登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 矯正用歯科ワックスを紹介します

矯正用歯科ワックスを紹介します

歯科ワックス入れ歯やかぶせ物などを作る際に使われる、ロウ)でできた歯科です用途によりパラフィンワックス、インレーワックスなどいろいろな種類がある。 矯正の際、ブラケットが直接口内に当たらないようにするための保護用の柔らかいロウもワックスです。


間違って誤飲しても体に害はないといわれています。 フロスをする際、ワックス付きのデンタルフロスを使うと、滑りやすく初心者にも使いやすいです。しかし、ワックスを塗ってしまうとフロスでの効率が落ちる可能性があるので、効率的なフロッシングを望むのならばワックスなしをお勧めします。 

 

本日は矯正用のワックスを紹介されることがあります。 歯科矯正とは、歯並びを正しい形にする専門治療のことをいいます。矯正適齢期は、大人の歯が生えそろった頃だと言われています。しかし、大人になっても問題なく歯科矯正を行えます。が、やはりできるだけ早めに行うことをお勧めします。

なぜ歯並びを直す必要があるのでしょうか?実は歯並びが悪いと、見た目以外にも様々な悪い影響を及ぼす可能性があるのです。例えば、歯磨きがしづらい為、むし歯歯周病になったり、歯ぎしりやいびき、顎関節症などの原因になっている場合もあります。口の近くだけでなく、肩こりや腰痛など身体全体にも悪影響を与えている可能性もあります。また、歯並びを治すことにより発音が良くなることもあります。


しかし、なんといってもやはり見た目の変化が一番大きいでしょう。すきっ歯や開咬、八重歯、出っ歯など見た目があまり良くないと、第一印象で悪い印象を与えることもあります。美しい歯並びで素敵な笑顔を作ることが矯正の一番の魅力だと思います。

 

矯正用ワックスの用途ワイヤーやブラケットが口の粘膜や歯茎にあたって痛い装置に慣れていない時、ブラケットが唇にひっかかって喋りにくい装置がとれた時の応急処置 (状況による)。また、矯正中にブラケットが歯から外れることがあります。ブラケットは、ゴムや細いリガチャーワイヤー(結紮線)で、アーチワイヤに留めているので、落ちることはあまりありませんが、ブラケットの位置がズレて不快な場合などは、ワックスでブラケットとワイヤーを固定します。ブラケットがワイヤーからも外れて、落ちてしまった場合は、保管するか破棄するか担当医に確認しましょう。  


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp