登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口角炎の原因はビタミン不足

口角炎の原因はビタミン不足

口角炎の原因として一番に挙がるのがビタミン不足です。その中でもB2、B6、B12が原因で細菌感染し、(超音波クリーナー) 口角炎、口内炎になることが多いとされています。 でも私はたんなるビタミン不足だけではならないと考えています。私の経験では、特に体が弱っているときになりやすいんです。そしてその中でも胃、十二指腸 の調子が悪いときに、必ずといっていいほど出ます。というか口角炎が出ているときに考えると、必ず胃の調子が悪いのです。いろいろな要素が重なったときに なるのは間違いないのですが、口角炎と胃とは関係が深いと考えます。 

 

口の中の粘膜(ねんまく)にできる炎症を口内炎(こうないえん)、口のはしにできるただれ、ひび割れ、かさぶたなどを口角炎(こうかくえん)といいます。口内炎は、義歯(ぎし)や金冠(きんかん)などの刺激によるものもありますが、もっとも多いのは、過労や精神的ストレス、ビタミン不足、ウイルスの感染などによって起こるアフタ性口内炎です。

 

この口内炎は、口の中に浅い円形の潰瘍(かいよう)(アフタ)ができるもので、ふちが赤くなり、さわるととても痛みます。一度に多数できたり、再発をくり返す場合もあります。

 

カンジダが原因の場合、カンジダが口角に増殖することで起こり、白い苔のようなものが付着したり、ただれがあります。細菌では、ブドウ球菌や連鎖状球菌の感染によるものがほとんどで、黄色のかさぶたができたります。ウィルスは、ヘルペスウィルスによるもので、一般的には子供に多く、ヘルペス性口内炎が起きてから口角炎が起こります。大人の場合は、口角炎だけが起こるようです。ビタミン不足は、口角炎だけでなく、口内炎の原因ともされていますが、特に、ビタミンB2の欠乏が口角炎の原因とされています。乳幼児では、よだれが多いことが原因で口角炎になることがあります。また、唇を舐める癖がある人は、口角が常に湿った状態になるので、口角炎になりやすくなります。 

 

子どもは、口角に付着したよだれや食物の残りかすなどに細菌が感染しておこることが多いものです。ときに、真菌(しんきん)(かび)の一種のカンジダが感染することもあります。超音波スケーラーは必要です。

 

おとなは、糖尿病、貧血(鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ))、ビタミンB欠乏症などの病気で、感染に対する抵抗力が低下しているときに細菌やカンジダが感染しておこることがあります。抗生物質や副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬の長期使用が原因のこともあります。高齢者は、このような原因がなくても、カンジダが感染しておこることがあります。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp