登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 超音波スケーラーチップの選択

超音波スケーラーチップの選択

超音波スケーラーは、現在の市場では一般的に使われる一種の口腔専用の道具だと言えます。原理的には、旧式の空気圧スケーラーより科学的かつ合理的で、しかも効率と安全性も科学的、合理的、効率と大幅に向上しています。今の超音波スケーラーの種類が非常に多くて、機能が強いが、使用する時発生した問題を悩ませる医師がやはり多いです。主に以下のいくつ(か)の方面を含みます:スケーラーチップ、パワーと周波数の選択給水の方法の選択など。

 

スケーラーチップ選択:まず、材質から考えます。一般的には、材質の硬さがエナメル質の硬より大きいことはできません。一部の患者はクリーニングした後に調子が悪い感をよく訴えます。さらに咀嚼困難痛感の状況があります。一方では歯ぐきが退萎縮して歯の根が出てくるあるいは洁牙のやり方が間違いで引き起こす原因で、一方はスケーラーチップ平滑度の原因のためです。

 

超音波スケーラー用チップ

 

次に、用途上から考慮するに従って、洁牙機メーカーの規定に従う、次にスケーリング(歯石取り)歯の異なる位置と異なる治療目的によって適切なスケーラーチップ選択します。またその他にスケーラーチップ角度は加工面を0線にして30度から70度までの間を作業してはならないで、垂直面に働くことができません。それ以外の場合はスケーラーチップを損傷したり、壊れてしまいます。スケーラーチップフロントの側でを使用しなければなりません。最後は、指摘されるのは磨耗や変形スケーラーチップすぐに使うことを停止するべきなのです。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp