登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口内炎は子供や幼児もよくなります

口内炎は子供や幼児もよくなります

食べ物がしみる、口を動かすのも苦痛など大人でもつらい口内炎、子供もよくなる症状といえます。

 

子供の口内炎についてはウィルスが原因で起こるヘルペス性歯肉口内炎や、夏風邪の一種であるヘンペルギーナ、手足口病などもありますが、ここでは口の中を噛んだことや歯ブラシで傷つけたことがなどが原因で起こるアフタ性口内炎について注目したいと思います。子供がアフタ性口内炎になる理由や原因というのは実はあまりはっきりわかっていません我が家の子供もよくアフタ性口内炎になります。超音波スケーラーは大人気です。

 

母親の私もよく口内炎になり、実家の両親も度々なることを考えれば、体質的なものも関係しているのかもしれませんね。もちろん小児科でもよいのですが、風邪などのいろんな感染症で来院している子が多いので口内炎で連れて行って何か病気をもらってしまっても…と思うからです歯科医院の場合は、ひどい時はレーザーをあてる治療を行ってもらうことも可能です。ただ治療時は若干痛みがあるそうなので、子供が歯医者さん嫌いになってしまう恐れがある時はやらないそう。 薬の処方は、軟膏を出してもらえます。

 

しっかりと身体を休めることも、口内炎を早く治すには、効果があります。疲労やストレスは、身体の免疫力を低下させます。また、唾液の分泌が少なくなり、口の中が乾燥しやすく、口の中の細菌が増えます。口の中が不衛生の場合、口内炎を長引かせる原因にもなりますので、こまめにうがいや歯磨きをし、口が乾燥する場合は、水やお茶をこまめに口に含むと、口の中の細菌が洗い流され、清潔に保つことができます。口腔内カメラでよく検査しましょう。口内炎の治療方法で、レーザー治療というものがあります。レーザー治療は、口内炎の部分をレーザーで焼くことで、表面がカバーされ、一般的に治るのに2週間ほどかかるといわれる口内炎が、数日で治してしまう、画期的な治療です。レーザー治療は、主に歯科でおこなっています。 小さな子供の口内炎を予防するためには、口内を清潔に保つことが大切です。食事のたびに歯磨きをすることを習慣づけましょう。出先で歯磨きが出来ない時にはせめてうがいだけでもしておきましょう。

 

唾液の分泌の少ない子供の場合は口内の雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。そしてもうひとつ注意することがあります。それは肥満です。肥満気味になると頬にも必要以上に脂肪がつき、食事の際に頬の内側を噛んでしまうことがあるのです。口内に傷がつき、そこから雑菌が繁殖して口内炎へと移行する場合があります。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp