登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 子供の歯磨き嫌い

子供の歯磨き嫌い

歯や口の中の健康のために大切な歯磨き。歯磨きを嫌がる子供も多いが、乳歯の虫歯を放置すれば、永久歯に影響が出ることもある。

 

歯磨きの目的は、虫歯の大きな原因となる歯垢(しこう)の除去だ。佐々木院長によると、乳歯の虫歯を放置すると、さまざまな影響があるという。かむ機能が低下し、あごの発育への影響が出る。あごの骨の中で発育中の永久歯に細菌が感染してしまう場合もある。では、子供の歯磨きはいつから始めればいいのか。赤ちゃんに歯が生え始めたら、清潔なガーゼで拭いてあげる。歯ブラシを使うのは、歯が8本くらい生えてきてからだ。超音波クリーナー は必要です。

 

子供の歯を磨くときは、子供の頭を保護者のひざの上にのせて磨いたり、子供の真後ろに立って磨いたり、子供の真横に保護者がひざ立ちとをして磨いたりといった姿勢があります。子供の成長に応じて磨く姿勢を変えていくのがいいでしょう。ポイントは、子供の頭が安定して安全であることと、保護者が磨きやすいということです。 乳歯が虫歯になって抜けても永久歯が生えてくるから、子供は虫歯になってもいいというわけではないです。虫歯になってほかの歯より早く抜けてしまうと、それが原因となって永久歯の歯並びが悪くなってしまうこともあるからです。 

 

子供が自分で歯磨きをするのは習慣付けには重要だが、注意も必要だ。本人が磨く場合、必ず子供用の椅子に座らせるなど、立ち歩かないようにすれば、歯ブラシで喉を突くなどの事故を防げるという。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

一人で磨いていても、きちんと歯垢を落とせているとは限らない。手先の器用さや歯への関心、虫歯の傾向は子供によって違う。佐々木院長は「デンタルフロスも使い、一人できちんと磨けるようになるのは小学校高学年くらい。それまでは保護者が仕上げ磨きをしてほしい」と話す。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp