登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管治療失敗の原因1

根管治療失敗の原因1

 

解剖学から根管治療失敗の原因を説明する

 

根管治療は、歯髄根尖性歯周炎の治療の主な方法の一つである。根管治療とは、歯の中の神経の通っている管(根管)を削りなおし、根管充填材を詰め、細菌の感染を防ぐ治療です。そのため人々は非常に根管治療の効果に関心を持ちます。

 

日本では、この治療の重要性に対する認識が医療側も患者側も非常に低いのが実状です。結果として、治療の不備が術式のみではなく、材料の不適合などからも起こって来ます。多くの病例は厳格な治療によって操作して行って、しかし依然として失敗が発生して、その原因を追求して、いくつの方面があります。本日は解剖学から根管治療失敗の原因を説明しましょう。

 

解剖学で根管側枝(1ateral canal) 、根管分岐(divergence Of root apex) 、根尖開拡(furcatlon Of root apex) 三つの方面から分析します。

 

 

 

 

上図による根管充填の模式図を示しました。これは根 管 側 枝根 管 分 岐根 尖 開 拡が具体的表示します。図から見れば分かる:根管には側枝、根尖分岐が存在し、全てを処置するのは不可能です。歯の根の中は大変複雑かつライトも届かないので、目で直接みながらの治療はできません。一般の歯科医院で行われている根管治療の多くはレントゲン、歯の根の長さを測るための計測機器、手の感覚によって行われています。

 

 

当店のボータブルデジタル式X線診断装置(レントゲン照射器)

 

 

 

でも、同じ部位の歯でも根管の数と形態はそれぞれ違う。また、加齢変化に伴う石灰化により、更に複雑な構造となります。 根管の発見が困難であったり、根尖まで処置できないこともしばしばあります。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp