登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 自臭症改善のための口腔ケアについて

自臭症改善のための口腔ケアについて

普通の口臭、いわゆる他臭症という症状の場合。口臭には明確な原因があるためにその原因を消す事ができます。物理的な原因ですから、それを解消していけば良いわけですで、問題なのは自臭症。

 

自臭症の場合には臭い自体は存在せず治療法は精神疾患の治療、ということになります。自臭症と一言で言っても症状の進行具合によって治療法はかなり変わってきます。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

ごく初期の段階では面会療法で対応出来るケースもありますし自分はひょっとして口臭がひどいんでは・・・?なんて疑っている人でも医師の言葉なら、と自信を取り戻せたりもしますね。専門家が言っているなら自分の思い込みなんだな、と考えが良い方向へ転換するわけです。口臭の最大の原因は、酸素が嫌いな嫌気性菌が出す揮発性硫黄化合物(VSC)です。

 

嫌気性菌は酸素が届きにくい歯周ポケット内や舌の後方に棲みついてます。そのためブラッシングだけでは嫌気性菌の除去は難しく、舌クリナーで清掃しても、うがいをしても、舌乳頭の間の深い部分に存在する嫌気性菌がすぐにまた揮発性硫黄化合物(VSC)を発生させてしまうのです。

 

そこで、「プロフレッシュオーラルリンス」は、基本成分ClO2(歯科材料)の"酸素の力"で口臭の原因である口内の嫌気性菌に直接的な働きかけ、同時に塩素の力で硫化水素やメチルメルカプタンなどの揮発性硫黄化合物を分解、消滅させてしまいます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp