登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 根管治療失敗の原因2

根管治療失敗の原因2

 

医原性から根管治療失敗の原因を説明する

前回は解剖学から根管治療失敗の原因を説明しましたが、今回は医原性から根管治療失敗の原因を説明します。

1.  根管壁の摩耗。

2.  根管充填。

管充填とは、抜髄を行って歯髄を取った根管内を、根管充填材によって緊密に封鎖することです。根管充填を行うことによって根管内への細菌や滲出液の侵入を防いで、再感染を防止し、歯および周囲組織を健康に保ちます。

充填不良は主に根管内、外で感染が引き起こすためです。たくさんの病例の中で、根管充填の根尖の密封は不完全です。根管にしみ込む豊富な糖タンパク質は殘ったバクテリアに栄養を提供して、生長します。一定の数量に達した後に再び歯周炎を引き起こします。また、樹冠閉鎖不全は根管治療失败の重要な原因の一つ。いくつかの場合は根管充填後も再汚染することができます。例えば臨時性あるいは永続的な詰め物折り裂、直ちに耐久度の修復などを行っていないで、細菌は根管系に侵入し、植民地化することができます。その結果、根管治療の失敗になります。

 

3紙シャープ、綿ツイストが残すこと

4.根管開放(J-OPEN

 

 

ちなみに、根管充填はぴったり緊密に行われるのが理想なのですが、現実にはなかなかジャストの根管充填というのはできず、根管充填材が足りない場合をアンダー、根管充填材が根尖から出てしまっている場合をオーバーと言います。

 

また、根充に使用す歯科材料や状態にも因りますが、基本的に充分に保存可能な状態であれば、根充後の再治療もできます。もし、根充後の再治療が全く不可能だったら、一度根治をしてかぶせた歯は、全て抜歯しかない事になってしまいます。そうなったら、患者さんの半数以上は抜歯対象者になってしまいます。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp