登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管治療失敗の原因3

根管治療失敗の原因3

 

微生物要因から根管内感染を分析する

 

根管内感染根管治療が失敗した場合、歯の根の中(根管内)が腐った状態(感染状態)になるので、専門用語では、『感染根管』と呼ばれています。そして、感染根管の再治療のことを、『感染根管治療』と呼んでいます。

 

根管の感染は現在使う機械、化学的調製、薬剤消毒は完全に全体の根管系を消毒されていません。特に根尖開拡部、根分岐部、根管側枝また象牙質の管の細菌に残存して、根管充填不良で、根管にしみ込む豊富な糖タンパク質は殘ったバクテリアに栄養を提供して、生長します。一定の数量に達した後に再び根尖歯周炎を引き起こします。未治療の根管と違うのは失敗の根管システムの中で細菌の種類は少ないです。G+バクテリアを多いにして、その上酸素菌と酸素菌の数量は明らかに減らします。これらの細菌は主に糞便連鎖球菌、エンテロコッカス·フェカリスなど含みます。完全に消毒される機器では当店の大人気な 滅菌器をすすめます。

 

高圧蒸気滅菌器オートクレーブ  

 

高圧蒸気滅菌器オートクレーブ

 

 

歯の根の中(根管内)が感染して、歯の根の先に病気が出来たとき、感染から時間が経っていて、病気の大きさが大きくなった場合に、病気が骨の中だけに留まっていないで、歯茎の歯周ポケットと根の病気が繋がってしまう場合があります。この場合には、病気の原因が、膿を作っている感染した歯の根の中(根管内)だけではなく、歯周ポケットからの、お口の中の細菌も感染源になります。

 

  病気が歯周ポケットと繋がった状態

 

残念ながら、歯周ポケットと根の病気の繋がりを絶つ方法は、今のところありませんので、歯の根の再治療(感染根管治療)をしても、お口の中からの細菌感染は止めることができませんですから、根管治療はどんな歯科医院でも日常茶飯事に行われていますが、実は歯科の分野でも、最も難しい治療の一つで、実は失敗も大変多くことです。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp