登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管治療失敗の原因4

根管治療失敗の原因4

 

 根管の外感染を分析する

 

根の治療は根管の中を緊密に封鎖して細菌の逃げ場をなくすことですが、根の先まで緊密に充填材がは入りきれてない場合,根管の中は腐敗し細菌の温床となります。これは前回主に紹介しました。

 

 

 

根管の外感染から見れば、根尖損傷の発展は人体内で細菌の一層の拡大を防ぐためにバリアを形成します。クロファージ細胞、抗体、補体など根尖において、緻密な保護バリアを形成します。それによって細菌が根尖周組織に入ることを阻止します。臨床の上で多くの根管内の細菌はこの障壁を通すことができません。しかし、現在知られている細菌がいくつかある:放線菌、プロピオニバクテリウムなど根尖周組織で生存して、感染が引き起こします。これらの細菌は主にバイオフィルムの構造をを通じて(通って)、 宿主の防御メカニズムをを逃れて、それによって病気を生み出します。

 

例えば、よく見る根尖孔外感染ですね。根尖孔外において、生体の免疫に耐えながら、細菌が生息している状態。根尖部セメント質の感染、根尖孔外のバイオフィルムの形成が確認されている。

 

 

 

すすめ!根管治療機器 エンド C-Smart-I

 

その他は非細菌性から分析するなら、いくつかの難治性症例の生検が発見:尖性歯周組織で大型コレステロールの結晶が存在して、マクロファージのようなものはクリアすることはできません。これは根管治療の失敗につながる可能性があります。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp