登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 健康高齢者の口腔ケア

健康高齢者の口腔ケア

健康高齢者とは、いきいきと、元気に自立して暮らす人と定義します。元気な方たちは、歯や口の健康にも関心をもち、望ましい生活・清潔の習慣が身についています。


かつて、都内で行われた老人大学出席者(60歳代~90歳代。自主参加の講演会。回答者の平均年齢75.7±6.0歳)対象の調査を行いました。平均年齢が高いこともあり、通院中の方(57.9%)や毎日薬を飲んでいる方(72.5%)もいましたが、会場では、講演を聴き、顔や口の体操をしていました。超音波スケーラーは必要です。食後に歯を磨く人が多く、早寝早起き、1日3食を規則正しく摂り、酒は飲まない(71.0%)、喫煙しない(約95%)、かかりつけ歯科医をもっている(85.1%)など、元気高齢者12か条と一致する回答が得られました。つまり、自分の歯や口、体の健康に対して関心をもって健康的な生活をおくることそのものが、自立して元気に生き生きと暮らすことに繋がるということに他ならないと考えられました。


口腔内は、常に37℃前後に保たれ、唾液という水分があり、定期的に食べ物が通過するため、いわば細菌培地(細菌の培養に適した環境)と言ってもよいほど細菌が繁殖しやすい環境です。口腔内には600種類を超える細菌が常在し、健康な人の唾液1滴にさえ何億もの細菌が生息していると言われています。口腔内細菌は、その代謝産物を周囲にまとい、歯や粘膜にしっかりと粘着し、細菌が作り出す多糖体で細菌と細菌の隙間が埋め尽くされ、硬組織表面に付着した状態の“バイオフィルム”(微生物による菌膜)を形成します。そうなると、うがい程度では簡単には除去できません。


高齢者が口腔ケアを怠るとこれらの口腔内細菌は増殖し、病原性のある細菌叢(さいきんそう)に変化します。口腔内が不潔になるばかりではなく、う蝕や歯周病、口内炎などの口腔感染症を引き起こします。さらに、これらの細菌は誤嚥性肺炎、感染性心内膜炎などの致死性の全身疾患を誘発します。


口腔内細菌と内科疾患との関連性、咀嚼(そしゃく:物をよくかみ砕き味わうこと)の機能と老化・認知症との関連性など、口腔環境がお年寄りの全身の健康と密接に関連していることが、近年明らかになってきました。根管治療は大人気です。


細菌の塊である歯垢は、ムシ歯や歯周病の直接的な危険因子であると同時に、全身疾患を引き起こす菌の温床としての役割を果たす可能性が高いのです。口の中の細菌が関与すると考えられる代表的な全身疾患としては、
・感染性心内膜炎、敗血症
・虚血性心疾患(リンク2・3参照)
・誤嚥性肺炎 
などがあげられます。


要介護高齢者は、健康な人にとっては病原体とはいえないような細菌によって、日和見感染症(ひよりみかんせんしょう:抵抗力が弱かったため、普通は病原性を示さない菌による感染症)、感染性心内膜炎や誤嚥性肺炎に陥ることがありますが、口腔ケアを行えばこれらの疾患を予防できることが分かってきました。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp