登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯槽膿漏の検査

歯槽膿漏の検査

現在飲んでいる薬やアレルギーの有無、過去にかかったことのある病気など、治療を進めていく上で必要な情報について聞き出します。


歯周病の原因のほとんどは後天的(生まれた後に何らかの原因がある)なものですが、一部遺伝性のものもあるので(これは若いのに歯周病になってしまう人によく見られます)、家族の中に同じような症状の人がいないかどうかを聞いたりします。

 

各種検査結果を記載していきます。1. プラークチャート:染め出し液によりプラーク(歯垢)を赤く染め出し、歯面を4分割して染め出されている歯面数をカウントし、%で表します。20%以下を目標とします。

 

2. 歯周ポケット測定:ポケット(歯肉溝)の深さを測定します。2mm以下が正常です。超音波スケーラーは必要です。

 

3. 出血の有無:歯周ポケット測定時、歯肉溝から出血するか判定します。出血するところは炎症があることを意味しますので、出血が起こらなくなるまで治療を進めます。根管治療は大切です。

 

4. 歯の動揺度測定:歯の動揺度は4段階で評価します。歯の動揺が増すということは歯周病で歯を支えている骨が失われた事を意味します。

 

5. レントゲン検査:骨の吸収度合い(骨が溶けている状態)を視覚的に判定します。歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)は歯周病の進行度がもっともよくわかる場所。ものさし状の器具を歯周ポケットに差し込み、歯周病の進行度を把握します。歯周病を放置すると、歯周病菌が出す毒素によってあごの骨が溶かされていきます。CTで撮影して、骨の密度を測定して歯周病の進行度を確認します。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp