登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯周病の検査

歯周病の検査

歯と歯肉の境目(歯肉溝)に歯垢と呼ばれる細菌の固まりが停滞し、その中の歯周病原菌により感染を起こすと、歯肉が炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。

 

厚生労働省の平成17年歯科疾患実態調査では、15~24歳の36.5%が、35~44歳の84.27%が55~64歳の85.79%が歯周病にかかっていると言われています。歯周病には、とくに初期の段階では、自覚症状がほとんど出ないので、歯科医療機関での検査を受けないと、正確な診断を行うことはできません。歯周病の検査は、プローブという針状の器具を使って歯周ポケットの深さを調べるプロービング検査、エックス線写真によって歯を支える骨の状態を調べるレントゲン検査、歯周病の原因となる歯の周囲の汚れ(プラーク)の付着状況を調べる検査などからなります。

 

歯周ポケット(歯科x線検査は、歯ぐきが腫れているかどうか、どのくらい腫れているかを一番簡単に手早く調べることの出来る検査です。歯と歯ぐきとは一見しっかりとひっついているように見えますが、実際は隙間があります。その隙間を歯周ポケットといって、歯ぐきが腫れれば腫れるほど歯周ポケットは深くなります。

 

検査の方法ですが、歯と歯ぐきの境目の歯周ポケットにプローブという細い器具をいれて、ポケットの深さを調べます。痛そうに見えますが、プローブを突き刺すわけではなく、25グラムくらいの非常に弱い力で調べていきます。

 

正常な状態でも歯はわずかに動きますが、歯根膜に炎症があると歯と骨の結合が緩み、歯の動揺が大きくなります。前後に(一方向に)歯が動く場合には、動揺度1度(M1)と表わします。さらに前後左右に動く場合はM2、前後左右上下に動く場合はM3と表わされます。当然、動揺が大きいほど歯周病が進行していることを意味します。

 

レントゲン撮影により、歯を支えている顎の骨(歯科材料)の量を調べます。歯周病は顎の骨が溶かされて(吸収されて)いく病気ですから、歯の根が植わっている骨の量が少ないほど歯周病が進行していることを意味しています。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp