登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > ハンドピスへの損傷の原因

ハンドピスへの損傷の原因

 ハンドピスの損傷は主にハンドピスの内でベアリングの損傷です。口腔科に使ったバードリルにとって、疲労寿命と潤滑寿命に影響するのはその内部のベアリングの寿命の原因で最も際立っています。

 

2本のハンドピスは交替で使います。ハンドピスは使用過程でベアリングを使ってずっと高速で回転して、この時のベアリングの内でボールベアリングは軸受内輪に力を加え、長い時間でベアリングの「機械的な疲労」を引き起こして、もっと進んで直接ベアリングの寿命まで影響します。

Tosi® 歯科用高速ハンドピース ト 

 

Tosi® 歯科用高速ハンドピース

振動や回転音を感じない静粛性 

滑り止めの設計。

精度の高い作業が可能。
シングルスプレー。

プッシュボタン式で、ガーを変更することが便利です。
フルオートクレーブ滅菌により、 いつでも清潔に保てます。

4ホール&2ホール


もし医者は1本のハンドピスが一定の時間を使った後で(10分が良い)その他の1本ハンドピスを入れ替えて使うならば、疲労"と生成されたハンドピス軸受寿命の影響に対して緩和できます。このように大幅にハンドピスの寿命を延ばします。統計によると、とほとんど60%のハンドピスのベアリングは「疲労」ため壊しました。

 

ベアリングの洗浄と潤滑が非常に重要な考慮事項です。洗浄は普通、超音波洗浄機を使います。目的は異物がベアリングに入ることを阻止するためです。潤滑は、ボールとベアリング内輪と外輪の摩擦を減らすために潤滑にして、ハンドピスの高速回転をさせます

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp