登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > ハンドピスに注油することは必要がある

ハンドピスに注油することは必要がある

前回はハンドピスへの損傷の原因を分析した最後はハンドピースの注油についての話です。注油が大事なことはわかりましたが、一体どんな方法で注油を行いますか?ハンドピースのベアリング高速回転する同時に大量の流失があるため、ベアリングはすぐには「乾燥」の状態です。だから毎回使う前にハンドピースに注油することができることを努力して、ハンドピースのベアリングを直ちに潤滑にする状態があらせます。

 

1.一日に一度はチャック穴も注油の必要があります。適したアダプターを使い、2秒ほどハンドピースの底面またはドライブエアーの穴に直接スプレーします。 

     

 

2.余剰なオイルを取り除くために、ハンドピースを5~10秒回転させます。注油の済んだハンドピースはマルチスタンドを用いて垂直に立ててしばらく置く。この工程はオイルが空中に飛散しないよう、閉じられた空間で行います。

 

3.ハンドピースの外部をアルコールで軽く湿らせた布で拭きます。拭き取り用の純粋なアルコールを使います。先端からオイルが歯面に付着した場合、歯面清掃や補綴物の接着などの際に適切な治療効果が得られない場合もありますので注意が必要です。

Sun® ハンドピース用自動洗浄注油器

  Sun® ハンドピース用自動洗浄注油器

 機能

1. 1台で同時に2本まで高速ハンドピースを自動洗浄注油が行え、装着されたハンドピースごとに適正サイクルが自動プログラムされます

2. コネクタを変更が可能。
3. 
ミスト専用の漏れを最小限に抑えます。

4. シンプル操作

5. ISO標準の4ホールのハンドピースに対応が可能

6. 確実な洗浄効果


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp