登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯痛に潜む病気

歯痛に潜む病気

米オハイオ州シンシナティの男性(24)が8月31日、歯の感染症で死亡した。同市の大学病院医師が語った。死亡した男性、カイル・ウィリスさんの遺族は、米NBCテレビの系列局WLWTテレビに対し、ウィリスさんは2週間前に親知らずが痛み始めたと語った。歯科医は、親知らずを抜歯する必要があると告げたが、ウィリスさんは当時無職で無保険だったため、抜歯をしなかった。 

 

その後ウィリスさんは頭痛と顔のはれに悩まされ、(歯科材料緊急治療室に搬送された。おばのパティ・コリンズさんは、WLWTテレビの取材に「(医師らは)抗生物質と痛み止めを与えた。でも、ウィリスは抗生物質を買うお金がなかった。 そこで痛み止めだけもらった。でも彼に必要なのはそっちではなかったのよ」と語った。 痛み止めは効果があったものの、感染は拡大し、最終的にウィリスさんの脳に達した。 

 

歯痛点は手のひら側の中指と薬指の付け根の間に位置します。虫歯や歯槽膿漏などによる痛みは、この歯痛点を刺激するのが効果的です。刺激するときのコツは、痛いと感じるくらい強めに刺激することです。親指と人差し指ではさむようにして、やや強めに押しもみましょう。左右交互に何度も繰り返しましょう。当然ながら、虫歯や歯槽膿漏そのものを治すことはできません。あくまでも歯医者さんに行くまでの応急処置としておこなってください。

 

これは当然と言えば当然ですが、例えば冷たいものがしみる時には冷たいものを、甘いものがしみる時には甘いものが患部に触れるのを避けます。歯痛の中には発作的に痛みが出てくるものもありますので、なるべく患部に刺激を与えないようにし、早く歯医者さん行きましょう!

 

歯や歯ぐきがズキズキ痛んだり、冷たい水がしみたりするのは、ほとんどの場合、虫歯や歯槽膿漏が原因です。これらの症状は、歯医者で根本的に治療す

る必要があります。痛みに弱く食い意地の張った私なので、この歯痛の実態を知らず、どんなに忙しい状況下にあったとしても、痛みのせいで食べたいものが食べられなくなった時点で、歯科医院に駆けつけてしまうと思いますが、改めて歯痛の実態・虫歯の恐ろしさを感じました。

 

日々忙しい皆さんも、少しでも歯痛を感じたら、すぐに歯科医院に足を運んでください。また、(歯科機器定期健診を無料で行っている歯科医院も少なくないようなので、この機会に一度チェックしに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp