登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯ぎしりの原因と治療

歯ぎしりの原因と治療

歯並びを治す矯正歯科(歯科材料)治療は、歯の位置を動かし、歯並びや 噛み合わせ を治す方法です。専門の矯正器具を使用して歯を正しい位置にゆっくりと動かしていきます。矯正治療をすることで歯並びや 噛み合わせ がよくなるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも有効です。口腔内の環境も改善されていきます。歯並びが悪ければ、かみ合わせも悪いので、全身の健康に大きく影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。 

 

知覚過敏、歯の擦り減り、朝起きた時に顎が疲れるなどの症状が気になることはありませんか。このような症状が歯ぎしりによるものだと考える人は、あまりいないのではないでしょうか。歯ぎしりは『咬合神経症(ブラキシズム)』とも言われています。

 

就寝時に無意識のうちにギリギリ、ギシギシと歯をこすり合わせて音を出す歯ぎしりは咬合異常が癖になって起こると言われています。この歯ぎしりには3つの種類があると言われています。グラインディングと言われる歯ぎしりは、就寝時に歯を擦り合わせて起こるもので、一般的に知られている歯ぎしりの事です。歯をこすり合わせることで独自の不快な音を出し、歯を擦り減らしてしまいます。クレンチングと言われる歯ぎしりは、就寝時に限らず起きている時にも歯をかみしめている状態のことをいいます。口腔内カメラでよく検査しましょう。このクレンチングは、グラインディングのように音が出ません。 

 

体重くらいの荷重が奥歯にかかると言われていますから、歯ぎしりは、顎への負担も大きく睡眠時の顎の周囲の持続的な筋肉の収縮で、あごの痛みや疲労感の症状が起床時に出ます。

 

睡眠時ブラキシズムは、浅いノンレム睡眠時に発生することが分かっています。奥歯を強く噛みしめた時に顎関節を通じてこめかみも動きますから、噛みしめやくいしばり、歯ぎしりを頻繁にしている方は蝶形骨にも負担をかけて、頭蓋骨の中央部分に位置している蝶形骨という骨の通称であるこめかみの痛みにつながりやすいのです。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp