登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 超音波スケーラーの原理

超音波スケーラーの原理

超音波スケーラーが効率的なスケーリングですが、それは特に歯の表面の破片や顔料で微積分に取り付けられており、より効果的に歯石や歯垢を除去する高頻度振動エネルギーの利用である。超音波スケーラーの使用の合理化は非常に重要であり、正しく、歯も歯髄組織の損傷に影響を与えるだけでなく、頭の早期磨耗し、電力損失を作ることができます。

 

その原理は超音波発生装置により発せられた電流をハンドピース側で振動に変換し、そのハンドピースから超音波チップに振幅が伝えられるという仕組みです。歯肉縁上歯石のスケーリングを行なう際への使用が主でしたが、最近は、ペリオ、縁下の歯石・歯垢の除去やバイオフィルムの破壊にも大変活躍しています。

Baola® 超音波スケーラー用チップ T5   Baola® 超音波スケーラー用チップ T5

高速、効率的、時間節約の利点は、振動周波数定数、強度、微積分の力、耐久性、容易な除去、術後の反応を有する患者に、光のような敏感な歯を持つ1超音波スケーリング。超音波スケーラーの基本的な構造は、器械本体で作られる電気エネルギーを、ハンドピースの中にある超音波機械振動に変換する素子(振動子)で超音波に変換し、その超音波に超音波チップが共振し、振動する、という構造です。

 

詳しい説明は省きますが、磁歪振動子を使った超音波スケーラーではその性質から、先端の超音波チップが八の字に動き、電歪振動子を使った超音波スケーラーは先端の超音波チップが上下に動きます。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp