登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 当店根管長測定器の特徴

当店根管長測定器の特徴

根管長測定器とは歯科治療における抜髄、感染根管処置の治療の際に用いる測定装置。ルートキャナルメーター、電気的根管長測定器とも言われる。歯科機器領域において日本で開発され世界的に普及した技術の一つである。 
 
根尖孔に接する歯根膜と歯肉粘膜表面の間のインピーダンスが6.5Ωで一定であることを原理として根管長を電気的に測定することが一般的である。根管長測定器は口腔粘膜と根管内に挿入した測定電極の先端との間のインピーダンス値を測定することにより根の長さを把握する装置である。口腔内の状況により一定の誤差が生じるためX線写真での測定、平均歯根長、手指の感覚、ペーパーポイントなどと組み合わせて用いる事が推奨される。 
 
Woodpecker®根管長測定器 WOODPEX1
 
Woodpeckerは超音波スケーラーを研究、開発、生産、販売の専門業者です。強力な技術チームとスタッフの67%が大卒以上のプロフェッショナルな技術者を持っています。Woodpeckerは独自の知的財産権を有し、豊富な技術、先進的な設備も備えます。FDA、CE0197およびEN ISO 13485:2003+ AC:TÜV2007、EN ISO 9001:2008などの証明を持っています。主要な製品は、超音波スケーラーとLED光重合器が含まれています。 
製品特徴
1.高コントラストの大型液晶カラーディスプレイの採用により、ファイルの位置を分かりやすく表示します。
2.複数マルチ周波数に基づいて根管長測定機能と自动修正机能搭載。精確な測定ができます  
3.アクセサリーは、患者の交差感染を防ぐため、高温で滅菌することができます。 
4.本製品の禁忌について、マニュアルを参照してください。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp