登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯の根に膿が溜まる歯根嚢胞

歯の根に膿が溜まる歯根嚢胞

歯根嚢胞は口腔外科で扱う最もポピュラーな疾患の一つである。歯が原因で顎の骨の中に生じるもので、いわゆる「袋の病気」といわれている。袋の中には、液体が含まれている。風船に水を入れて膨らますのと同じ様に、時間と伴に嚢胞は中に液体を貯めつつ、骨を溶かしながらゆっくりと大きくなってゆく。そのため自覚症状はなく、たまたま歯医者さんで撮ったレントゲンに写って見つかることが多い。あるいは時に大きくなりすぎて、腫れや痛みを生じる場合もある。また、そのような症状がないまま顔が変形するまで大きく腫れる場合もある。

 

原因は、歯の神経が腐り、それが歯根の先に膿をつくり、そこから「袋状」になるとも言われているが、はっきりとはまだわかっていない。膿のままで終わってしまうものや、歯根嚢胞になるのがあり成因が解明されてはいない。明らかなことは、歯根嚢胞の原因は歯であり、その歯の神経は死んでいる、あるいは根の治療をしてなくなっているということである。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

顎骨の中の歯根の先端に歯根嚢胞という袋状の病変ができることがあります。 大きくなると手術でとらなければならなくなります。歯肉に切開を加え、骨に穴を開けて、摘出します。これを歯根嚢胞摘出手術といいます。 原因の歯については、状態によって、一緒に抜歯することもあり、歯根嚢胞内にある歯の先端部分のみを切除することもあります。後者を歯根端切除術といいます。嚢胞を摘出した後の空洞は、次第に骨が再生して埋まってゆきますが、空洞が大きい場合には腰の骨から骨移植をすることもあります。歯根嚢胞(しこんのうほう)とは、歯根肉芽腫が炎症を起こし続けることで水腫、粘液化、脂肪変性へと進行し、歯根の先端に液がたまった袋(「嚢胞」)を生じている状態をいいます。根管治療は大切です。

 

虫歯の放置、または虫歯治療が不完全であることによって、歯髄に細菌が感染して炎症を引き起こす「根尖性歯根膜炎」が原因となると考えられています。感染根管治療で解説した通り、根尖病巣の原因はあくまでも根管内 に貯留した汚物です。この汚物に対する拒絶反応の結果根尖部に炎症が起こったわけですから、 根本的な治療方法は、完璧な感染根管治療以外のなにものでもありません。例え、高価な補綴物 が装着されていたり、除去するのが面倒で除去時に破折リスクがあるような長い金属ポストが挿 入された歯であっても他に選択の余地はありません。

 

大学病院をはじめ、多くの医療機関で歯根端切除を勧められ ているようですが、根本的な原因である根管内の汚物をそのままにした手術方法では根本的な治 癒は望めません。リーマなどの破折や弯曲根管で根管治療が不可能な部位では、適応症となる 場合もありますので、歯根端切除の全てを否定するわけではありませんが、原因を残して病巣だ けを摘出する処置は絶対に行うべきではありません。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp