登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯の神経の治療

歯の神経の治療

皆さんは歯の神経の治療を行った経験がおありでしょうか。一度経験済みの方は、ギュイ~ンと歯に穴をあけられて、何だか針みたいなものでごそごそガサガサされている、そんな感覚を味わっていらっしゃることでしょう。穴にはお薬を詰めてふたをして、その後型を採って金属を入れて…と、何となくしていることはわかるような、わからないような、という不安をお感じになりませんでしたか?

 

歯の神経の治療というのは、むし歯の穴を削って詰める治療よりずっと複雑です。先生から話だけきいてもちんぷんかんぷんということが多いのがこの治療内容です。超音波クリーナー は必要です。

 

チェアー(診療台)に寝そべって「まな板の上の鯉」になっているだけでもいやなのに、何をされてるんだかちっともわからないのでは恐怖を感じても不思議ありません.そこで、今回のトピックスでは神経の治療の仕組みを詳しくお話し、安心して治療を受けていただけたらと考えています。
そして、治療した歯ほど大切にいたわって欲しい、さらにはできれば神経の治療をしないで済む健康な歯を保っていただきたい、そんな願いを込めてお伝えします。虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。

 

しかし、この根管治療(歯の神経・根の治療)は実はかなり難しいのです・・・。なぜなら、根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、しかも細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあるからです。

 

後からトラブルが出てきてしまった場合には、ほとんどのケースで前に治療した詰め物やクラウンなどは作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。超音波スケーラーは大人気です。

 

(かぶせ物を外さずに、上から穴を開けて治療可能な場合もありますが、一般的には詰め物やかぶせ物を外して作り直します)その後経過を観察した後、もろさを補強する為に歯髄の入った空間に歯の象牙質と弾性係数の比較的似かよった材料(今はグラスファイバーが使われるようになって来ました)で接着剤を用いて補強(埋めてあげる)して行き、そのように補強した歯を綺麗に削ります。

 

その型を精密に採った後、型に石膏を流し込んで模型を作り、歯科技工士がその模型で精密な人工物を作ります。出来上がった人工物が歯にぴったりと適合していること、そして噛 み合わせに馴染むように歯科医が十分に調整し、人工物を接着性のあるセメントでしっかりと歯につけます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp