登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > よく噛んで食べよう

よく噛んで食べよう

 現代人は1回の食事で平均600回噛んでいるといわれています。これは古代人の平均に比べ5~6分の1程度というデータもあります。食べているものが違うので一概に比較することはできませんが、それでも少ない数字といえるでしょう。とくに成長期によく噛んで食べないと歯並びが悪くなり、顎の発育や発音にも深刻な影響をもたらすことになります。その上、根管治療を受け取りなければならない状況です。そのため、歯の問題を抱えないためにもよく噛んで食べることが大切。すぐにでも実践することができることだけに、日ごろから心がけたいものです。

 

噛んで食べることにより、顔全体の筋肉とそれを 噛むことにより、記憶力が向上します。支えている顔やあごの骨が動き、筋肉と骨が成長期の子供にとっては、噛む動作が知能の発達に鍛えられます。 大きな影響を与えると言われています。最近では、噛む力が弱いためアゴが未発達で細くお父さん、お母さんは、子供にしっかり噛んで食べるなり、奥歯の数が足りない子供もいるくらいです。 ように呼びかけてあげましょう。噛む力が弱まると、口のまわりの筋肉が退化し、口元も緩んで、顔の表情も乏しくなりがちです。

 

噛むことにより、分泌される唾液には、様々な効果があります。食べ物を噛む回数と唾液の量は比例しています。よく噛んでしっかり唾液を分泌させましょう。唾液には、自浄作用といって口の中に残った働きが食べ物の消化吸収を促進します。 食べかすを洗い流したり、殺菌作用で虫歯の原因菌食べ物をよく噛んで小さくしておくと、消化・吸収がを弱まらせる力があります。スムーズになります。睡眠中は唾液の分泌が少なく、虫歯になりやすいので寝る前はしっかり歯を磨きましょう。当店の電動ブラシは価格安くって、品質が高いです。

 音波電動歯ブラシ MSTB-001N(5本入)

音波電動歯ブラシ MSTB-001N(5本入)

本製品は3万回振動で、目を引くデザインのソニック電動歯ブラシ。従来の歯ブラシと違い、歯に軽く当てるだけで、超音波の波動エネルギーが歯の裏側や歯と歯との間の歯周ポケットなど、歯ブラシの届きにくい部分まで働き、歯垢を取り除くパワーがあります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp