登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯肉炎と歯周炎に大きく分けられます

歯肉炎と歯周炎に大きく分けられます

歯周病は、歯肉炎と歯周炎に大きく分けられます。炎症が歯肉部にのみかぎってみられるものを歯肉炎といいます。

 

一方、炎症が歯肉よりもさらに深く波及して、歯根膜(しこんまく)や歯槽骨(しそうこつ)(歯を支えている骨)が破壊されている場合を、歯周炎といいます。つまり、歯肉炎、歯周炎という診断は、あくまで炎症の範囲を示すもので、炎症の激しさを意味するものではありません。歯肉炎の原因は、歯肉縁上(しにくえんじょう)の歯垢(しこう)(プラーク)に含まれているアクチノマイセス・ビスコーサスやアクチノマイセス・ネスランディイと呼ばれる細菌です。

歯肉のみに止まらず、歯を支えている骨にまで炎症がある状態です。歯肉の炎症は歯肉炎と同じで、腫れて赤くなり歯磨きのときに出血してきます。そして骨が若干溶けてきます。骨が溶けることによって歯と歯肉の境目の溝(歯周ポケット)の深さが深くなってきます。

 

この溝にプラークが入っていき、歯根に歯石(プラークが固まってできた石)が付きます。そうなると、歯周ポケットは細菌のすみかになっていきます。しかし痛みを伴わないので気付きにくいです。超音波クリーナー は必要です。

 

中等度の歯周炎は、歯と歯ぐきの溝(歯周ポッケット)の深さ約4~5mm位{正常値1~3mm)。症状は、歯ぐきが腫れ出血や発赤がみられ 、歯石もしっかりと付着しています。また歯石は、歯ぐきの上に付いている場合は気が付きますが、歯ぐきの下(歯の根元の所)も歯石が付きます。歯ぐきの下の歯石は、たまっていても気が付きません。

 

基本的な治療法は、ブラッシングとスケーリング(根管治療)です。但し、歯ぐきの下のスケーリング(ルートプレーニング)も必要です。歯石はばい菌の宝庫です。歯石を取らないで、いくら歯ブラシをしても歯ぐきは健康になりません。症状によってポッケットを掻爬(歯と歯ぐきの溝の中にある不良な肉芽や炎症産物の除去)をします。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp